給与計算アウトソーシング(代行)やISO取得などのサービスを、経験豊富なコンサルタントが実績を元に、親身にサポート。

  • 03-5402-8541
    (受付時間9:00~18:00)

Contentsトピックス

チームMASONからの給与計算に関するメッセージ vol.3

ようこそ!ご覧いただき、誠にありがとうございます。
暑い日が続きますが、チームMASONは今日も元気にがんばっています☆

さて、ここ1ヶ月ちょっとの話です。
当社が入るビルの裏手に、ビルで戦うサラリーマンたちの憩いの場があります。
いわゆる「喫煙所」といったところですが、管理会社がテナントのために、ちょっと灰皿を置いてくれているだけの、狭い私道に面した一画です。

このちょっとしたスペースに、急に大勢のおじさまがたが集い始めたのです。
その原因は・・・

7月1日に、公共の場での喫煙は禁止!なる条例が施行されたようです。
コンビニやたばこ屋さんの前に設置されていた灰皿はことごとく撤収され、
行き場をなくした愛煙家たちが、撤収の難を逃れたこのビルの裏手の灰皿へ
集まってきていたのでした。

定期的に区の職員の方が街を巡回しているようで、聞くところによると、
私道とはいえ、不特定多数の人が行き交う道なので、煙がいってはダメなのだとか。
おじさまたちの最後の砦も、いつまで存続できるのでしょう?
あんなに大勢で談笑してたら、条例がなくても時間の問題かもしれません、ね。

—–

平成26年6月25日に「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が公布されました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/an-eihou/
改正項目は7項目、その中の1つで、受動喫煙防止措置が事業者の努力義務となりました。

今更な感じですが、法令や条例で規定されるとされないとではだいぶ違うようですので(笑)、
対策が遅れていらっしゃる事業所様には、お早目にご検討いただければと思います。
改正は他にも、ストレスチェックの実施等義務化、といったものもありますので、
しっかりと確認しておいてくださいね。

では、また次回まで。