• お問い合わせ
  • 03-5402-8541
    (受付時間9:00~18:00)

Risk Managementリスクマネジメント

BCPコンサルティング

BCPコンサルティングのご案内

事業中断が発生した場合の対応の良し悪しが
当該企業に対する評価に大きな影響を!対応の失敗は
競合他社への顧客の流出やマーケットシェアの低下を招く可能性も

自然災害(地震、津波、火災)やセキュリティ犯罪・事故、ITシステム故障、オペレーションミスなどといった突発的な事象や、定期メンテナンスのような計画されたシステム停止など、ビジネス環境にはオペレーションの中断を招き、企業・組織にとって大きな損失をもたらす可能性のある脅威が多数存在しています。このようなリスクに対して、事業を継続することが経営上の大きな課題になってきています。

事業継続を停止させうる脅威の例

事業が停止してしまったことによるインパクトの例

事業継続の計画を策定していることで
企業価値の向上やお客様・ステークホルダーからの信頼を獲得

事業中断が発生した場合、事後の対応の良し悪しが当該企業に対する評価に大きな影響を与える可能性があり、対応の失敗は競合他社への顧客の流出やマーケットシェアの低下を招く可能性があります。
一方、事業継続の計画を策定していることで、企業価値の向上やお客様・ステークホルダーからの信頼の獲得につながります。

サービスの特徴

事業継続コンサルティングの豊富な実績
企業を対象とした事業継続計画(BCP)に豊富な実績を有している
お客様のご要望に応じた事業継続プランの作成
初動対応計画・危機対応構築・ITシステムのシステム継続稼動の対応、ISO22301認証取得など、お客様の業種・業態を鑑みて、ご要望に応じた事業継続コンサルティングを提供
マーケティング戦略
「市場調査」、「競合他社の動向分析」、「顧客ニーズ分析」、「強み・弱み分析」を通じて、「だれに」、「どのようなサービス」を提供して、どういう収益モデルで売上を拡大させるかの戦略を策定します。
ISO22301(事業継続マネジメントシステム)対応支援コンサルもご提供
事業継続マネジメントシステムへの要求仕様に関する国際標準規格ISO22301が発行されました。
ISO22301対応支援コンサルティングでは認証取得について、BCMS構築段階から審査受審まで総合的にサポートします。

サービス料金

サービス料金 期間
80万円~ 4カ月~(最短)

BCPコンサルティングの流れ

認証取得の流れ コンサルティング支援内容
1.基本方針策定フェーズ
 
事業継続方針の作成、責任・権限・体制
2.現状・ギャップ分析フェーズ
 
現状把握(業務、流れ、仕入先、販売先、委託先などの把握)、
ビジネスインパクト分析(災害などの影響度を知る)、
優先業務、復旧許容時間などの特定、リスク分析
3.計画書作成フェーズ
 
事業継続戦略検討、BCP・BCM文書作成
4.実地運用フェーズ BCP・BCMテスト、有効性の評価、改善見直し

BCP・BCMについて

BCP・BCM概要図

BCPとは
事業継続計画(BCP)とは、組織が内外の脅威にさらされる事態を識別し、効果的防止策と組織の回復策を提供するためハードウェア資産とソフトウェア資産を総合する計画
BCMとは
事業継続管理(BCM)とは、事業継続計画の考え方を発展させ、いかなる脅威の発生時においても、重要な事業を継続して維持する企業活動の遂行を支える考え方です。

ISO22301について

ISO22301とは、事業継続マネジメントシステム(BCMS)の国際規格として、「ISO22301」が2012年5月15日に発行されました。「ISO22301」には、効果的な事業継続マネジメントシステム(BCMS)を策定し、運営するための要求事項が規定されています。
ISO22301対応支援コンサルティングでは認証取得について、BCMS構築段階から審査受審まで総合的にサポートします。また、ご要望に応じて審査後の指摘事項の改善に関するご相談についても承ります。

メイソンコンサルタントグループ株式会社

〒105-0012
東京都港区芝大門1-12-16
住友芝大門ビル2号館8階

Access Map

当社はISO9001,ISO27001を取得しております。

メイソンは、中小企業の情報セキュリティ対策ガイドラインに基づき、セキュリティ対策に取り組んでいます。

Contents